123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2017-06-18 (Sun)
どんよりとした雲が広がっています。
が、湿度が高くないのでさわやかな感じがします。
今週半ばくらいに梅雨入りするかな?

続きから拍手コメのお返事もあります。
ちょっと思い出したようにテゴマスのLIVE DVDを観ています。
初めに「テゴマスの青春」を全部、次に「テゴマスのまほう」を3分の1ほど。。。

まっすーの髪型が全く違う。
やはり若い。(まほうの頃は25歳5か月くらい、青春は28歳になる少し前)
青春は名古屋公演がオーラスでした。でも、LIVE DVD の収録はオーラスではなくて、途中の横浜公演でした。
3日間で4公演、私は観ていません。
その公演を観た友人は、横浜公演のまっすーは絶好調とは言い難い状態だったと伝えてくれました。
あまり調子がよくない公演が撮られたので、なかなかLIVE DVD が発売されなかったのでは?と勘ぐられていました。
(発売までに、オーラス公演後1年1か月かかりました)

まほうもオーラスは名古屋公演、でも収録は横アリ。このときは3日間で5公演をこなしていました。
そのせいかどうかは分からないけど、今まっすーの歌声を聴くと…
ザラついているなと感じました。
ここ最近はNEWSの増田クンの(短めな)歌割しか聴いていないから同列に比べることはできないかもだけど…
明らかに声の出し方や、歌声の艶や伸び、そして深みが全然違いました。
もちろん、まほうコンで増田クンの生歌を聴いたときはうまいなぁ~と満足していました。(残念ながら青森公演の一つだけでした)
青春コンの時だって同じです。生歌はうまかったです。
でも、whiteよりもQUARTETTO、それよりも今回のNEVERLANDコンの歌声のほうが断然うまい。
ドーム公演の歌声を聴くことは叶わなかったけど、オーラス公演を観た友人たちが皆異口同音に、アリーナで聴いた時よりも進化している。と知らせてきました。
伸びやかな高音も、イケボな低音も、男くさくてセクシーさ満載のラップも非の打ちどころがない。と熱い感想を送って来ました。
ある友人は帰宅後、CD音源が聴けなくなってしまい困っていると言っていました。
「まっすーソロも聴けない。生の歌声が本当に良すぎてCDに戻れない!」
ツイにも、あの音響の悪いドームであれだけの歌声を聴かせられるのはスゴイ!みたいな呟きをいくつか読みました。

生歌に特化したグループになるべく、彼は練習に励んだことでしょう!それを表だってアピらなくてもLIVEの歌声を聴けば一目瞭然。一耳瞭然かな?
ツアー最中にアイドル誌かナニかで、「ボイトレを頑張っています」みたいにコメントしたメンバーがいました。
すると、ツイッターでそのメンバーが非難されていました。
「今更遅いよ!」とかいろいろと…
すると、あるNEWSファンが、
「○○さんにボイトレしろと言って してるとなったら遅いと言い。○○さんより私はMさんにボイトレしてほしいですけどね。努力しているというのなら彼はボイトレしてるんでしょうか。」
いわゆる叩きアカウントや愚痴アカウントに対抗して、売り言葉に買い言葉的に呟かれたとは思うけど、あまりのいい様に思わずスクショしてしまいました。←何故かその後に当該ツイ―トは削除されていました。

まぁー、歌声の好みも千差万別だから仕方ないけどね。
とにかくにも進化を続ける増田クンに驚きを隠せません。現状維持が目標なんて言っているけど、確実に階段を上っているじゃん!
頼もしい男ですね。





拍手コメのMiさんへ
こんばんは、コメありがとう★
まとめてのお返事をお許しくださいね。

今回の○○もそうだけど、とにかく多方面に気がまわる人ですね。
あちらもこちらも立てることができる。自分のことよりも常に他者に対する気遣いが半端ない。
そっか、ハムスターだから星形のペンラだと思っていたけど、まほうコンのペンラだね。細かいところをお知らせしてくれて感謝です。

つまらない気持ちではないけど、そんな煩悩を飛び越えてはるか先にいる人のような気がします。
今後もあれれ?と思った遠慮なくガツンと言っちゃいますね!


拍手コメのPeさんへ
こんばんは、コメありがとう♪

なんだか最近の増田クンからは余裕すら感じますよね。
若かりし頃は、とんがっていた部分もあったけど、そこがいい具合に丸くなって。。。人としての深みと温かみが増したような気がします。
眉が見えるの、私も好きです。
彼の眉は隠れているときと、表に出ているときとでは雲泥の差がありますよね。


拍手コメのchiさんへ
こんばんは、コメありがとう(*^_^*)
オーラス公演をご覧になられたのですね。
そう言えば去年は少しだけだったけどお会いしましたね。
今度はどこか現場でゆっくりと増田クン話をしましょうね!
確かに100%後味すっきりとはいかないツアーだったかもしれませんね。
関連記事
* Category : idol
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する