12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-07-15 (Sat)
昨晩、スマホで更新しようとしました。
タイトルとカテゴリを選んだら力尽きていました。
そのまま就寝。
辛うじてマスターヒッツは聴きましたが、ながら族だったので今ひとつ内容を思い出せない。
続きから本人不在の誕生会の報告です。

拍手コメのお返事がすっかり後回しになっていて、大変申し訳ありません。
もうしばらくお待ちくださいね。
実はまたまた千葉の実家に来ています。
6月末から1週間ほど滞在して、一度仙台に戻り、ちょうど1週間後に千葉へ…
というのも6月下旬に、今夏で85歳になる母が熱中症と思われる症状を発症して救急搬送されました。
母は父亡き後、私の娘2人と暮らしています。
つまり婆ちゃんと孫娘世帯。

夕方帰宅した次女が婆ちゃんの異変に気付き救急車を呼びました。
トイレ前にうずくまっていたとか⁈
会話もちぐはぐて一人で立ち上がることも出来ずじまい。
すぐに救急隊員が駆けつけてくれました、彼が発する質問に答えられなかったり答えられたり。
とにかくいつもの婆ちゃんではなかったそうです。
救急隊員は、婆ちゃんが認知気味と思ったようです。
救急車に乗せられるもなかなか出発しない。
どうやら受け入れ先の病院を当たっているようでした。
多分、近場の病院には断られた様子だとか⁈
車だと近いけど、電車だと乗り換えしないといけない隣市にある救急病院に運ばれました。
直ぐに駆けつけたかったけど、私にもどうしても外せない用事があったので、入院して5日ほど経った頃にようやく出向くことができました。

搬送された時は熱と手の震えと体に力が入らない。などの症状があった模様。
色々な検査をした結果、内臓も脳も異常なし。
一安心はしましたが、38度台の熱が1週間ほど続きました。
血液検査の結果、炎症反応を示す(CRP)の数値が高い。
入院5日目で相当高い数値が出てました。
先生による目視や問診、画像診断でも炎症箇所は特定出来ずじまい。
炎症を抑える経口薬で様子をみることとなりました。
このお薬が効いたのか、1週間を過ぎると熱もさがり、そうなると体の力も復活して来ました。
初めの頃は、一人でベッドに起き上がることもままならなかったの。
体に力が入らないのでトイレに行くにも車椅子、10日ほど過ぎたあたりから歩くリハビリを始めて欲しいとお願いしました。
結局、延べで19日間の入院となりました。

本人は救急搬送された前後の記憶が飛んでいるようです。
その日の気温は25℃くらいだったけど、湿度が高かったそうです。
トイレが近くなるからと、日頃からあまり水分を摂らないようにしていたのも良くなかったようですね。
ご家族に高齢者がいる方はくれぐれもお気をつけくださいね!

すいません、増田クンの話題が出て来なくて。。。
7月12日に、仙台市付近に住む増田クンファン4人が集まり本人不在のお誕生日会を挙行しました。
仙台駅近のカラオケ屋さん。
去年はwhiteのLIVE DVD鑑賞会も兼ねていたけど、今夏は夏の音楽番組やら少年倶楽部プレミアムなどを鑑賞しました。
テレ東、他のジャニーズグループの出演部分を初めて観ました。
比べるとNEWSの演出が残念だったことがよく分かりました。

それから懐かしいサマリーのDVDも観ました。
手越君が17歳お誕生日前だから16歳、まっすーは18歳。
コヤシゲも若い。
まっすーは、このステージに立てることが嬉しくて嬉しくて仕方ない。って感じでした。
反対に手越君はまだ少しぎこちなさが抜けてなかった。
メインで歌うシーンも少なくて消化不良気味⁈
マステゴで歌う"薄荷キャンディー"が一番の見せ場で聴かせどころかな?

このサマリー公演が2004年、13年後の今。
テゴマスとしての見せ場や聴かせどころの復活を渇望して止みません。

★ おまけ ★
4人の年齢は47歳から59歳。
まだまだ子育て真っ最中だったり、子供に手が掛からなくなって新婚当時のように旦那さんと二人だけだったりとさまざまな状況です。
まっすーに堕ちた状況も四者四様でした。
・この日が(48回目の)お誕生日だったYさんは、まさにサマリーのDVDを4回観てまっすーが気になる存在となったとか⁈
それから「増田貴久」で検索してお勉強。
・Yさんと同級生のOさんは、テゴマスのキッスから。
友人から送られたグッズのポスター並みの大きさを誇る布地にプリントされた黒髪まっすーを持参してくれました。
・51歳になるCさんは、同じ黒髪でもレスキュー堕ち。
職業柄か、あの血管に注射針をさしたくなるそうです。
・59歳のPさんは、車中で聴いたサヤエンドウCDの短い短いまっすーのソロパートで気になる存在となり、そっからLIVE DVDやら過去映像を観まくる。
LIVE DVDの彼は、とにかく元気一杯ニコニコ笑顔、ブンブン大きく手を振る。
歌えば良い声、キレキレだけど指先まで神経の行き届いたダンス。
すっかり彼の虜となり今に至る。
関連記事
* Category : idol
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

Re: 本人不在だけど「ハピバ!」 * by ポン太
kyaさん、こんばんは★
コメありがとうございます。
親の住む地から離れて住んでいる身を後悔することが時々あります。
近くに居ない負い目というか、親不孝をしているなと自分を責めてしまいます。
でも私自身も親であり、今後娘たちが近くに住む可能性は低いです。
彼女らが近くに居ないことを悔やむ気持ちは無い、彼女たちが幸せな毎日を過ごしてくれていれば親は幸せを感じられます。
あまりkyaさんも反省ばかりしないでくださいね。

おかげさまで母も私も順調に回復しています。
他事ながらご安心ください。
いつも気に掛けていただきありがとうございます⤴︎⤴︎⤴︎

コメント







管理者にだけ表示を許可する